確定申告をしていないと銀行融資は受けられません

投稿日:

ホーム自営業者の銀行融資>確定申告をしていないと銀行融資は受けられません

個人事業主の場合は年に1回、確定申告を行う必要があります。
しかし赤字であることから(つまり税金を支払う必要がないことから)確定申告をしていないケースを散見します。

確定申告は銀行の融資判断の材料

確定申告をしていなければ銀行融資を受けることは出来ません。
確定申告は銀行が融資判断をする際に欠かせない資料です。
その資料がなければ銀行は融資の与信判断を行うことが出来ません。

銀行融資を受けるために過去数年分の確定申告をまとめて行っている事例も見受けますが、
この場合も銀行融資を受けることは難しくなります。
融資判断をする確定申告はあるわけですが、その前にそもそも確定申告を今までしていなかったという「体質」を銀行は敬遠します。
確定申告を行う必要があれば、毎年きちんと行っていることが銀行融資を受ける最低条件となります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-自営業者の銀行融資
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.