確定申告をしていないと銀行融資は受けられません


ホーム自営業者の銀行融資>確定申告をしていないと銀行融資は受けられません

個人事業主の場合は年に1回、確定申告を行う必要があります。
しかし赤字であることから(つまり税金を支払う必要がないことから)確定申告をしていないケースを散見します。

確定申告は銀行の融資判断の材料

確定申告をしていなければ銀行融資を受けることは出来ません。
確定申告は銀行が融資判断をする際に欠かせない資料です。
その資料がなければ銀行は融資の与信判断を行うことが出来ません。

銀行融資を受けるために過去数年分の確定申告をまとめて行っている事例も見受けますが、
この場合も銀行融資を受けることは難しくなります。
融資判断をする確定申告はあるわけですが、その前にそもそも確定申告を今までしていなかったという「体質」を銀行は敬遠します。
確定申告を行う必要があれば、毎年きちんと行っていることが銀行融資を受ける最低条件となります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト