銀行が赤字でも融資をする理由を教えてください


ホーム赤字決算・債務超過のとき>銀行が赤字でも融資をする理由を教えてください

赤字ということは融資を受けても返済が難しいということを意味します。
銀行融資の原則は「貸したお金を最後まで回収する」ということですから、赤字先への融資はこの原則に反することになります。
それでも実際には銀行は赤字先への融資を実行する場合があります。
その理由は将来の回復可能性を期待出来る場合に、事業の継続を資金繰り面から支援する必要があるからです。
銀行の社会的使命と言えるかもしれません。

したがって赤字がずっと続いており、将来にわたって具体的な改善見込みがない場合には、融資による資金繰り支援を行っても、その融資が焦げ付く可能性が高いですから銀行から融資を受けることは難しくなります。
また複数の銀行と取引がある場合、取引地位が低い銀行や日頃から疎遠な関係にある銀行からは、その銀行から見れば赤字の融資先を支援する社会的な役割は低いですから、やはりこのような銀行から融資を受けることは難しいと言えます。

赤字であるものの、回復の具体的展望が見えている場合には主力銀行など親しい関係のある銀行に相談をしてみてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト