預金担保で銀行融資の利率を引き下げる


ホーム銀行融資の交渉>預金担保で銀行融資の利率を引き下げる

銀行融資の利率の決定要素はいろいろあるのですが、基本線は融資先の財務状況です。
銀行から見て融資の利率は融資というリスク(貸し倒れ)に対する対価の意味があります。
財務状況が良好であれば、リスクは低いと考えられ、逆に財務状況が悪ければリスクは高いと考えられます。
したがって財務状況が良好なほど融資の利率は低くなると言えます。

この考え方を延長すれば、担保の存在は融資のリスクを低く抑える効果があります。
銀行融資の担保と言えば、不動産担保が代表的なものですが、不動産担保だけではありません。
手ごろな担保に預金担保があります。
「預金を担保に出すくらいなら、その分だけ借入額を減らせばいい」という考え方もありますが、預金は預金として温存しておきたいという考えであれば、予備的な預金は担保として提供することで融資利率を低く抑える方法もあります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト