財務内容に問題があっても取引振りが良好な場合には融資を検討します

ホーム銀行融資の受け方>財務内容に問題があっても取引振りが良好な場合には融資を検討します

銀行銀行融資の基本となるものは決算内容です。
決算内容の良し悪しが銀行の融資方針に大きな影響を与えるのは事実です。
決算内容が良ければ、黙っていても銀行から積極的な融資の提案があるはずです。
逆に決算内容が悪ければ、銀行は融資に消極的となります。

もっとも決算内容が悪い場合でも、銀行はあることを融資の拠り所として対応することがあります。
その拠り所とは日頃の取引振りです。
例えば売上の入金や支払にその銀行の預金口座を利用している場合、一定の預金がその銀行口座に滞留することになります。
そして常にある程度の預金残高があれば、銀行としてはその預金を一定の返済能力と認めることが出来ます。
つまり「この程度の預金があれば、返済は可能なのではないか」といった感覚です。
一定の取引振りが認められれば、決算内容が悪くても銀行はある程度安心することができ、融資も検討しやすくなるのです。





決算書というのは過去の実績です。
現在の足元の状況を示しているのではありません。
その点、日頃の取引振りはその融資先の足元の状況をリアルに示す指標と言えます。
銀行からすると融資先の真の姿を見ることができるのです。
逆に決算内容が悪い場合には、日頃から預金口座を利用している銀行に相談してみるのが、融資が受けられる確率を上げるテクニックと言えます。

photo by: Jef Nickerson




◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%