業績が悪化していても経済合理性のある融資には銀行は積極的です

ホーム赤字決算・債務超過のとき>業績が悪化していても経済合理性のある融資には銀行は積極的です

業績が悪化しているということは貸し手である銀行からすれば融資の返済可能性が低いということですから、融資には慎重となるのが銀行の基本的な態度です。
しかし業績が悪化して融資の返済可能性が低い場合でも銀行が積極的に融資を行うケースがあります。
そのケースとは銀行から見て「経済合理性がある場合」です。

「経済合理性がある場合」とはずばり保全が改善される場合です。
例えば現在、無担保で1,000万円の融資を銀行が行っているとします。
この場合、銀行の保全不足は1,000万円です。
この状態で、2,000万円の担保を取って1,500万円の融資をすれば銀行の融資総額は2,500万円(現在の1,000万円+1,500万円)となります。
一方で銀行の保全不足は500万円(現在の1,000万円+追加融資1,500万円-担保2,000万円)と現在の1,000万円から500万円へ減少します。
追加融資を行うものの、保全不足が改善することを銀行では「経済合理性のある融資」と考えます。



2,000万円の担保を出すのに1,500万円しか融資が受けられないということになりますが、業績の悪化時でも銀行が積極的に融資に応じやすい事例であることは事実です。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。