銀行融資審査の拠り所

ホーム銀行融資の審査に関すること>銀行融資審査の拠り所

銀行融資の審査においては必ず「拠り所は何か」というポイントを押さえるようにしています。
この「拠り所」というのは、「融資がきちんと回収出来る根拠」と置き換えることが出来ます。
融資は最後まで回収しなければなりませんから、融資審査においてはきちんと最後まで回収出来るのかどうかが最大のポイントなるのです。

ではどのようなものが銀行融資の拠り所となるのでしょうか?
拠り所としての確実性が高い順にいくつかをご紹介します。

1.信用保証協会の保証
信用保証協会は公的機関ですから、この機関による保証ほど確実な拠り所はありません。
中小企業中心に銀行が信用保証協会の保証付融資を勧めるのは、利率が有利など顧客にとっての好条件もさることながら、融資の回収の確実性を銀行が重視しているからです。

2.担保
担保があれば融資の返済が滞った場合でも、その担保を処分することにより銀行は融資を回収することが出来ますから、これも確実性の高い拠り所と言えます。





3.預金平残
担保には取っていないものの、いざという時に銀行は融資先の預金を押さえることが出来ます。
よって預金口座に常に一定の残高があれば、一応はその残高程度は回収出来る期待を持つことが出来ますから、1つの拠り所と考えることが出来ます。
「業績が低迷しているが一定の預金残高があるから」といった判断で融資に応じることは少なくありません。

4.売上の入金状況
売上金の入金を自行口座に指定いただいている場合には、預金も溜まりやすくこれも1つの拠り所と考えることが出来ます。

5.業績
拠り所としてもっとも弱いのがこの業績です。
どれだけ好調な業績を続けてきても、それが将来にわたり続くとはだれも保証することは出来ません。
業績を拠り所として融資を行うことは銀行としても一定のリスクを背負うことになります。
よく「業績は順調だから、心配しないで融資してよ」と依頼を受けることがありますが、銀行というのは意地悪な側面を持っています。
その意地悪とは業績を信用しないということです。
特に中小企業の場合には営業基盤が相対的に脆弱で、外部の経済環境の影響を受けやすい特徴があります。
どれだけ好調な業績を維持していても、今後はどうなるかわからないという不安感を銀行は常に持っています。
したがって業績だけを拠り所とする銀行融資の申し出は対銀行に対して説得力を持ちません。

photo by: mdid




◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%