信用保証協会に断られたので保証が必要のない融資をお願いしたい

ホーム銀行融資の審査に関すること>信用保証協会に断られたので保証が必要のない融資をお願いしたい

質問
先日、ある銀行に新規事業起ち上げの為に信用保証協会の保証付き融資を申込みました。
銀行の担当者からは信用保証協会の審査が通れば融資可能とのことでした。
しかし残念ながら信用保証協会の審査が通らず、保証が得られないことになりました。
そこで銀行の担当者に信用保証協会の保証が必要ない融資をお願いするつもりですが、可能でしょうか?





回答
銀行が信用保証協会の保証付融資をすすめるのは債務者が返済不能になっても、信用保証協会から返済を受けることで銀行は融資を回収する安心感があるからです。
別の言い方をすれば、債務者の返済能力に不安があるから信用保証協会の保証を付けるということです。

新規事業立ち上げの資金となりますと、その事業が成功するかどうかはわかりません。
銀行は事業が成功するかどうかを判断出来ないのです。
そして事業が成功しなかった場合には、融資の返済が困難になることが大いに予想されます。
このような「危ない融資」に銀行は信用保証協会の保証付以外の融資を行わないのが現実です。
結論として、信用保証協会の審査が通らずに保証が得られない場合に、銀行は保証が必要のない融資(これをプロパー融資と呼んでいます)で対応することはまずありません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%