事業資金の審査中について


2013年02月08日

ホーム銀行融資の審査に関すること>事業資金の審査中について

質問
現在、東京で飲食店を10年経営しています。
今回、沖縄に移転すべくある銀行に保証協会付の融資を2300万円(土地900万、建物1400万)申し込みました。
最初に会社の決算書3期分、自作の事業計画書10ページ、見積り、土地の資料(公図、測量図、登記簿、地図)提出しました。
その後1ヶ月、追加会社登記簿、決算過ぎていたので最新の決算書、提出。
その後1ヶ月、何か具体的な資料が欲しいと、抽象的な要求。
その後数週間、土地の契約書等欲しいと。
3週間かかり、土地と設計事務所との契約書を用意し提出。
と、現在に至ります。
ここまで4ヶ月近く経ち、正直精神的に参っています。
新規の取引になるので、あまり急かすのもできず。
東京都での保証協会の利用実績は少額ですがあります。
個人、会社共に借り入れはありません。
この状況は良い傾向でしょうか?
それとも資料集めてるだけなのか。
待つしかないとはわかっているのですが。
ご意見頂けたら幸いです。

回答
申込みをされてから4か月が経過しているというのは異常な状態です。
少し気になるのですが、申し込みをされたとありますが、これは正式な申し込みをされたのでしょうか?
正式な申し込みとは、
・土地の売買契約書
・建物の売買契約書(新築の場合には建築請負契約書)
・具体的な開業予定日
などをきちんと提出や、説明をされたうえで、かつ具体的な融資希望日を伝えている状態のことです。

文面だけを拝見しますと、その銀行は実質何も対応していないと考えることも出来ます。
そもそも申し込みを受けてから、判断に4か月もかかることなどありません。
どれだけ長くても1か月です。
1か月以内には融資の可否が決定されます。
土地の売買契約書には最終資金決済日が掲載されているはずですし、建物についても然りです。
最終資金決済が4か月後や6か月後といった売買契約書などはあり得ないはずです。
したがって申し込みをうけた金融機関では、売買契約書の期日を気にしながら、それに間に合うように審査を進めるのが通常です。
間に合わなければ、間に合わないと金融機関は伝えます。

銀行の担当者がお若い方で、融資審査の進め方などほとんど承知しておらず、また上司にも申込みを報告していない可能性も感じられます。
いつお金が必要なのか、具体的に銀行に伝えるべきと考えます。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%