銀行融資の基本 信用保証協会融資

制度融資のメリット

中小企業や個人事業主の多くは制度融資を利用しています。
制度融資とは何か、制度融資のメリットは何かについて説明をします。

制度融資とは

制度融資とは地方公共団体が地元の中小企業や個人事業主向けの融資制度のことです。
地元の産業を振興する観点もあり中小企業や個人事業主を応援する内容と制度融資となっています。
応援とはどのような内容か。
それはまさに制度融資のメリットでもあります。

制度融資のメリット

制度融資は地元の中小企業や個人事業主を応援するために地方公共団体が設けている融資制度です。
制度融資にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
その制度融資のメリットとはずばり金利です。

利子補給

まず制度融資のメリットとして真っ先にあげられるのは地方公共団体により利子補給が行われるということです。
地元の中小企業や個人事業主が負担する融資の金利に一定の利子補給を行うことで、金利負担を軽減しています。
この地方公共団体が行う利子補給が制度融資の第一のメリットです。

そもそも低金利となっている

また制度融資は金利はそもそも低金利に設定されています。
金利は変動金利と固定金利の2種類がありますが制度融資の多くは固定金利となっています。
そして制度融資に適用される固定金利の水準は一般的な固定金利の水準よりも低く設定されています。

信用保証料の補助

制度融資は一般的に信用保証協会の保証付融資となります。
信用保証協会の保証制度を利用した融資ということです。
信用保証協会の保証制度を利用するには一定のコストが発生します。
そのコストが信用保証協会に支払う信用保証料です。
制度融資の中にはこの信用保証料につき一定割合を補助する制度もあります。
信用保証料の補助も制度融資のメリットの1つです。

制度融資の注意点

金利面を中心に制度融資には大きなメリットがありますが、制度融資を受けるには銀行と信用保証協会の審査に通らなければなりません。
制度融資は確かに地方公共団体が設けているいる融資制度ですが、実際に融資を行うのは地方公共団体ではなく銀行です。
またさきほども説明をしましたが制度融資は信用保証協会の保証付融資となっています。
つまり制度融資は信用保証協会の保証制度を利用した銀行融資だということです。
そのため銀行及び信用保証協会において融資審査があり、この審査が通って初めて制度融資を利用することができるのです。

制度融資の審査は通常審査

制度融資だからといって通常の審査よりも審査が甘いということはありません。
制度融資のメリットは金利などの条件面に留まり、審査が甘いといった審査面における制度融資のメリットはありません。

制度融資のメリットと注意点のまとめ

以上、制度融資のメリットと注意点をまとめるとつぎのようになります。

制度融資のメリットと注意点

・制度融資は地方公共団体が利子補給してくれるメリットがある
・制度融資は地方公共団体が信用保証料の補助してくれるメリットがある
・制度融資は有利な固定金利を選択できるメリットがある
・制度融資は審査が甘いといった審査上のメリットはない


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 信用保証協会融資
-,