個人の借金

カードローンの返済はクレジットカードの分割払いと同じですか?

カードローンを利用しようと考えているが、返済方法はクレジットカードの分割払いと同じようなものなのかとの質問をいただいております。
考え方としてはカードローンの返済方法はクレジットカードの分割払いと同じですが、異なるところもあります。

クレジットカードの分割払い

クレジットカードの返済方法は原則として一括払いです。
クレジットカードの利用の締め日との関係もありますが、多くの場合は今月のクレジットカードの利用分の代金は翌月の支払日に一括にて支払うというのが原則です。
コンビニエンスストアなどの買い物でクレジットカードを利用した場合には金額はそれほど大きくはないと思いますので翌月の一括払いでも返済負担は少ないでしょう。
ところが数万円とか10数万円の高額な買い物でクレジットカードを利用した場合、その代金を翌月に一括払いにて支払うのは大変でしょう。
そのような時に返済負担を少なくする方法として分割払いがクレジットカードの支払方法にて設けられています。
例えば6万円の買い物をクレジットカードで行ったとします。
原則的な支払方法は翌月に6万円を一括にて支払うことになりますが、それは大変なので6回の分割払いにしたとします。
そうすると翌月からの支払は1万円+利息で済ませることができます。
利息がかかってしまいますが、支払いを平準化することができます。

クレジットカードのリボ払い

クレジットカードの支払方法は原則的な一括払い、さきほど説明した分割払いの他にもう1つリボ払いというものがあります。
リボ払いを理解するには分割払いとの比較で考えると簡単です。
分割払いとリボ払い
この図は左側が分割払いの場合、右側がリボ払いの場合を示したものです。
分割払いはそれぞれの利用ごとに分割払いを設定しますので、分割払いにした利用件数が増加すると毎月の支払額も増加していきます。
これに対してリボ払いの場合には利用ごとではなく、利用した金額の合計を分割にて支払っていく方法となりますので分割払いに比べて毎月の返済額が少なくなります。
これがクレジットカードのリボ払いです。

カードローンの返済はリボ払いと同じ

それでは本題のカードローンの返済方法はどうかと言いますとこれはクレジットカードのリボ払いと同じ方法です。
分割払いの方法ではありません。
カードローンは利用限度額までは繰り返し何回でも利用できるところが最大の特徴ですが、利用件数毎に分割にて返済するのではなくカードローンの利用残高に対してリボ払いにて返済する方法となります。
そのため毎月の返済負担が分割払いに比べて平準化されています。
しかし毎月の返済が平準化されているということは返済負担が緩やかである一方で、なかなか利用残高が減っていかないという側面があります。
ですから手元に余裕がある時にはこまめに任意返済を行い利用残高を減らしていくことが大切です。

関連コンテンツ

-個人の借金
-, , ,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5