資金繰り

運転資金の目安は?

運転資金は事業を継続するために必ず必要となる資金です。
運転資金が不足すれば事業は頓挫します。
運転資金の確保は非常に大切なことですが、ではどのくらいの運転資金が必要か、その目安を説明します。

運転資金とは

運転資金がどのくらい必要なのか、その目安を説明する前に運転資金とは何か、このことを整理しておきましょう。
運転資金の意味が曖昧のままでは運転資金の目安の意味が不明確になってしまうからです。

資金の循環

お金の循環
この図は資金の循環を示したものです。
ここではある製品を製造してそれを販売する事業を行うことを例にして説明します。
まず製品を製造するために必要となる原材料をお金を使って準備をします。
つまりお金を払って原材料を購入するということです。
この時点で手元にあったお金は原材料に姿を変えました。
手元にはお金はなくあるのは原材料です。
この原材料を使って製品を製造します。
そしてその製品を販売して最後に販売代金としてお金が手元に入ってきます。
つまりお金は製品を販売してその代金が手元に入ってきて初めて戻ってくるのです。
そのために最初の原材料から最後に販売代金としてお金が入ってくるまでの期間は手元にお金がない状態です。
このお金こそが運転資金なのです。
この運転資金のお金が準備できないと製品を製造するために必要となる原材料が購入できませんから、製品を製造して販売するという事業が行えないということになります。
ですから運転資金は事業を行うために絶対に欠かすことが出来ないとても重要な資金なのです。

運転資金の目安

ではこの事業を行うために絶対に欠かすことが出来ない運転資金はどのくらい必要なのか、その目安を知る手段を説明します。
実は運転資金の目安がどのくらいかは次の2つの方法があり、どれもとても簡単です。

運転資金の目安知る方法その1

運転資金の目安を知る方法の1つ目は立替期間から計算する方法です。
所要運転資金算出式
立替期間とは手元の資金を立て替えている期間と考えてください。
上の図では売掛債権回転期間、棚卸資産回転期間、買掛債務回転期間の3つのキーワードは記されています。
文字はやや堅ぐるしく感じられるかもしれませんが難しく考える必要はありません。
簡単です。
製品を販売する場合、その代金を先にもらうとか製品と引き換えにもらうということはまれで、ほとんどの場合は掛売り、つまり販売した後にその代金を回収します。
売掛債権回転期間とは販売してその代金を現金で手元に回収するまでの期間です。
ここでは売掛債権回転期間が2ヶ月だとしましょう。
棚卸資産回転期間とは製品や製品を製造するための原材料は月々の売上の何か月分あるかということです。
ここでは棚卸資産回転期間も2ヶ月だとします。
最後の買掛債務回転期間とは製品を製造するために購入した原材料を購入してからどのくらい後に現金で支払うかの期間です。
さきほど販売は掛売りが多いと説明をしました。
逆に原材料の購入、つまり仕入もツケで買うことが多いはずです。
今月購入したものを来月に支払うというような感じです。
ここでは買掛債務回転期間を1ヶ月だとします。
すると立替期間は2ヶ月+2ヶ月-1ヶ月=3ヶ月となりました。
さらに毎月の売上高、つまり月商は500万円だとします。
この場合の運転資金の目安は立替期間×月商ですから、つまり3ヶ月×500万円=1,500万円となります。
運転資金の目安として準備をしておきたい金額は1,500万円だということです。

運転資金の目安を知る方法その2

運転資金の目安を知る方法の2つ目は貸借対照表から計算する方法です。
手元に貸借対照表からあれば実に簡単に運転資金の目安を知ることが出来ます。

貸借対照表の左側の③から⑥までの合計額から右側の㉖を引けばそれが運転資金の目安となる金額です。
なぜそうなるのかは説明するとやや複雑になりますからここでは割愛をしますが、とにかく上記の計算にて運転資金の目安となる金額を容易に算出することが出来ます。
銀行の融資現場においてもこの方法にて運転資金の目安となる金額を計算しています。
ご安心ください。

-資金繰り
-