資金繰り

資金繰り表を武器にしましょう

資金繰り表を理解しようの記事で資金繰り表のことはおわかりいただけたでしょうか。
今回は作成した資金繰り表を分析して今後の対策をどのように考えれば良いのかをご案内します。
資金繰り表を分析して今後の資金対策を考えることは事業の継続においてとても重要なことです。
具体的に次の資金繰り表をご覧ください。
資金繰り表
これはある中小企業の今後1年間の資金繰り予定表です。
資金繰りを分析する場合には注目すべきポイントは経常収支と手元資金残高の2つです。

経常収支をチェックしよう

資金繰り表が完成したら何はさておき経常収支の欄に着目しましょう。
次の図をご覧ください。
資金繰り表
経常収支は④の営業収入計から⑩の営業支出計を差し引いた残りの金額です。
つまり経常収支は事業の活動によってどれだけ現金を増やせたのか、逆に減らしてしまったのかを現金ベースで示している指標になります。
事業の根幹にかかわる重要な指標です。
では図の経常収支の欄をご覧ください。
マイナスが目立ちませんか。
実際に6月と8月だけがプラス2百万円で残りの10か月はマイナスかよくてゼロの水準です。
そのため年間では14百万円の現金が減ることになってしまいます。
これはまずいですよね。
現金ベースで考えると赤字だということです。
そして現金は嘘をつきませんから一生懸命に事業をやっているけれども実態は赤字の経営を行っていることを示しています。

次に手元資金残高を見ましょう

さて次は手元資金残高です。
さきほどの⑪の経常収支に借入金の返済と新規借入を加味するとその月の現金収支の総合結果が出ます。
それが⑮の総合収支です。
そして手元資金残高。
前月末の手元資金残高にその月の現金の総合収支、つまり増えたのか減ったのかを加味してその月の末に手元に資金がどれだけ残っているかを示しています。
上の図の場合ですと1月末は15百万円、2月末は11百万円、3月末は8百万円の資金が手元に残っていることになります。
そして4月末が5百万円、5月末が-1百万円。
ちょっと待ってください。
5月末がマイナス1百万円・・・。
つまり5月にはこの会社の手元資金は底をついてしまうということです。
何の手も打たなければこの会社は5月には資金ショートを起こし破綻してしまうということです。

資金繰り分析で今後の手を事前に打ちましょう

さてここまでの資金繰りの分析の結果、5月には手元資金が底を着く可能性があることがわかりました。
そのまま放置するわけにはいきません。
短期的には資金が底をつく5月前までに銀行から借入をして手元資金を補うことも考えないといけないでしょう。
また中長期的には売上の増強や経費コストの削減などの経営努力を行って安定的に経常収支がプラスになるように動かないといけないでしょう。

ココがポイント

資金繰り表の分析の効果は経営にもっとも大切な資金の見通しをみつけて今後の対策を手遅れになる前に打てることです。事業に強みや弱みもいろいろと見えてきます。資金繰り表を作成することは少し面倒かもしれませんが、そんなことは言ってられないほど重要なことです。決して難しくはありませんのでぜひ資金繰り表を作成しましょう。

-資金繰り
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.