融資審査マンの見方

どのくらいまでの赤字であれば銀行融資は受けられますか?

赤字決算となると銀行からの融資が難しくなるとよく言われます。
確かに赤字決算になると銀行の融資姿勢が厳しくなりますが、その理由と説明するとともに赤字の場合の融資申込の工夫を説明します。

質問

銀行からお金を借りるときは赤字だとだめだと聞いています。
どのぐらいまでの赤字だと大丈夫なのでしょうか?

赤字決算に対する銀行の見方

赤字決算になると銀行からの融資姿勢が厳しくとよく言われます。

赤字決算に厳しい理由

銀行は事業の1つとして融資業務を行い、利息により収益を獲得しています。
もっとも当然のことながら融資の元本は最後まで回収しなければなりません。
もし融資の元本が回収出来ないとなると回収出来ない部分は銀行の損失となります。
一般的に融資が回収出来ない、つまり焦げ付き、貸倒が発生するとその損失が多額となり、利息の収益など簡単に吹っ飛んでしまいます。
これは銀行として絶対に避けなければならないことです。
赤字決算ということは融資の返済可能性が乏しいことを意味します。
融資は必ず返済してもらわなければなりませんから、その返済可能性が乏しいと考えられる赤字決算先に対してはどうしても銀行の融資姿勢は厳しくなってしまうのです。

赤字決算に対する銀行員の思考

赤字決算に対する銀行員の基本的な思考は次の通りです。
銀行員の思考
赤字決算に対しては融資の焦げ付きを連想するのが銀行員の一般的な思考です。

赤字であっても融資実行の例は多数あります

銀行融資の審査において「どのくらいまでの赤字であれば大丈夫」といった規定はありません。
逆に黒字決算であれば銀行は積極的に融資に対応するとも言い切れません。
現実問題として黒字決算であっても銀行が融資をお断りする例は多数あります。

赤字決算の場合の工夫

一般的に「赤字=資金繰りがマイナス」ということを意味しますから、赤字の場合は銀行融資の審査は厳しくなります。
赤字の状態で全く取引のない銀行に融資を申し込んでも、おそらく審査は通らないと考えられます。
赤字の状態で銀行融資を受けるには、すでに取引のある銀行に申し込みを行うことをおすすめします。
さらに取引のある銀行のうち、主力銀行あるいは売上の入金口座として利用している銀行に融資の相談をしてください。
主力銀行というのは融資先の資金繰りを支援し事業を継続させる社会的な役割というものがあります。
だからといって必ず主力銀行であれば融資を実行し支援してくれるとは限りませんが、可能性としては主力銀行からの支援が受けられる確率が高いです。
また売上の入金口座として利用している銀行の場合には、売上の入金額の状況により業況をほぼリアルタイムで把握することが出来ますし、売上の入金により融資の返済原資が確保されやすいということがあります。
したがって売上の入金口座として利用している銀行は他の取引銀行に比べて融資が受けられる可能性が高まります。

関連コンテンツ

-融資審査マンの見方
-