財務内容が良くなくても無担保融資が可能な先


2013年09月01日

ホーム銀行融資の受け方>財務内容が良くなくても無担保融資が可能な先

財務内容に問題があると銀行としては無担保融資に慎重になるのが一般的です。
しかし財務内容に問題があっても無担保融資が検討できるケースがあります。
そのポイントは売上金の回収がその銀行に集中している場合です。

売上金の回収が集中していると回収金額のトレンドを見ることで業績動向の把握がほぼリアルに可能となります。
「銀行に業績の動向を把握されるのは嫌」と考えることも出来ますが、業績動向を銀行に示すことで銀行は安心感を抱くことが出来ます。
安心感のある先には銀行は融資をしやすいのです。
また売上金の回収が集中していると自然に預金の滞留が期待出来ます。
預金量が一定以上あると一時的にせよ返済能力の存在を認めることが出来ます。

つまり財務内容に問題があっても銀行は融資先の業績動向をほぼリアルに把握が可能で、かつ一定の返済能力が認められる先には安心感を持つことができますから、無担保であっても融資の検討がしやすくなるのです。
さらに財務内容に問題があっても業績のトレンドが上昇傾向にあるときには、さらなる融資の増加も検討することが出来ます。

ここぞと思う銀行には売上金の回収を集中しておくことにより、銀行から融資を受けやすくしておくことが出来ます。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%