保証協会の面接が明日です


2013年09月11日

ホーム信用保証協会保証付融資の審査>保証協会の面接が明日です

質問
代表者の通帳のコピーをと言われたのですが、給料明細はもちろんのことながら、実はカードローンを立ち上げの際に使用しており、月々の返済の履歴ものっております。
審査に影響ありそうですよね。
つつみ隠さずお話しても大丈夫なのか。
不安です。

回答
代表者の通帳コピーの提示が求められる一番の大きな理由は、代表者の資金繰り状況を把握して、信用保証協会の保証付き融資が個人の資金繰りに流用される懸念はないかどうかを確認するためです。
また代表者と会社とは実質一体と考えられますから、代表者の資金繰り状況も含めて審査を行う目的もあります。
もっともカードローンがあったからといって、それが直ちに審査にマイナスになることはありません。
ただしそのカードローンが高利のものであった場合、まずはそのカードローンを事前に完済することが条件となることもあります。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%