担保余力は銀行融資をスムーズに受ける効果があります


2013年09月23日

ホーム銀行融資と担保>担保余力は銀行融資をスムーズに受ける効果があります

中小企業向けに銀行が融資を検討する際には担保に取る、取らないに関わらず不動産などの資産の担保余力を検証します。
担保余力とは、例えば時価5,000万円の不動産がある場合、すでに担保が3,000万円設定されている場合に、まだ2,000万円の担保としての価値がありますが、この2,000万円の担保価値がまだあることを担保余力と呼んでいます。
なぜ担保余力を検証するかというと、それは将来の資金調達余力を確認するためです。
つまり担保余力があれば、それを担保として活用することによりその中小企業はまだ資金調達が出来る可能性があります。
資金調達が出来る可能性が残っているということは、まだ資金繰りを維持出来る余地が残っているということです。
銀行としては資金繰りを維持出来るということは、融資の返済が行わるということにつながりますから、融資審査においては1つの安心材料になるのです。

この担保余力の有無の検証は融資先の中小企業だけではなく、経営者個人の資産も対象です。
なぜかというと中小企業の場合には、法人と経営者個人とは一体と見なすことが出来るからです。
銀行に資産のことは知られたくないという気持ちがあるかと思いますが、銀行融資をスムーズに受け資金繰りの心配をなくすためには、銀行の法人と個人の資産をきちんと開示した方が得策です。
このことは銀行からの一層の信頼を引き出すことにもつながります。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%