個人破産の法人融資への影響


2014年08月10日

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>個人破産の法人融資への影響

質問
はじめまして。
初めて質問させていただく者です。
自己破産と法人融資について、ぜひ融資業務をされている管理人様の力を貸していただけないでしょうか。
私は現在中小企業の経理をしているのですが、2年ほど前に住宅ローンが原因となり個人的に自己破産をしてしまいました。
相手の金融機関は会社の取引金融機関のひとつです。
会社では現在は管理職ではありませんが、人員構成上、何時になるかはわかりませんが、将来は財務課長、そして部長(役員)となる可能性が大です。
もし、わたしが財務責任者や役員となった場合、運営資金や設備投資に対する借入する際に影響はあるのでしょうか?
管理人様のご回答を拝見する限り連帯保証の代表者以外で、また、非消費性ローンの個人的な金融事故の為、影響は無いのではと思うのですが、インターネット上には審査等に影響するというようなことも幾つか見受けられるので…。
これは金融機関によって管理システムが異なるからなのでしょうか??
毎日このことを考えると不安に押し潰されそうになります。
長々となってしまいましたが、是非ご教示頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。

勤め先の会社概要(補足)
・資本金は2億
・年商30億以上
・社歴50年以上
・借入金は数行から10億超
・上場企業の資本が一部はいっている

回答
全くご心配になることはございません。
法人向けの融資業務において、役職員の個人信用情報を調査するとした場合、その対象は連帯保証人となる代表取締役に限定されます。
代表取締役以外の役職員について法人向け融資の審査の一環として個人信用情報を照会するようなことはありません。
また連帯保証人となる代表取締役の個人信用情報を照会するケースはほぼビジネスローン的な商品に限定されます。
ご勤務先の規模等から推測しますと、金融機関からの借入はビジネスローン的なものではないと思います。
この場合には代表取締役ですら個人信用情報を照会するようなことはありません。
ご安心いただいてよろしいかと思います。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%