信用保証協会の枠について

投稿日:

ホーム信用保証協会保証付融資入門>信用保証協会の枠について

質問
信用保証協会での融資をする場合の8000万の借入枠についてですが、仮に1000万円借りたら、あと7000万の融資が可能なのだと思いますが返済完了したら、また枠は8000万に戻るのでしょうか?
返済完了しても、あと7000万が限度なのでしょうか?

回答
8,000万円というのは一企業(個人事業主を含む)当たりの無担保扱いでの保証限度額です。
これはあくまでも原則であって、企業の規模や業績等によって保証限度額は変動します。
例えば年商が2,000万円の企業の場合、無担保扱いの保証限度額が8,000万円だからといって、8,000万円の保証が行われることはありません。
年商が2,000万円であれば最大でも1,000万円が保証限度といったところでしょうか。
また返済が完了しても再び当初の保証が行われるとは限りません。
保証が行われるかどうかは都度審査が行われますから、仮に企業の規模が同じであっても赤字が続いているなど業績が悪化していれば当初のような保証が受けられない可能性も十分にあります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-信用保証協会保証付融資入門

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.