信用保証協会の枠について

ホーム信用保証協会保証付融資入門>信用保証協会の枠について

質問
信用保証協会での融資をする場合の8000万の借入枠についてですが、仮に1000万円借りたら、あと7000万の融資が可能なのだと思いますが返済完了したら、また枠は8000万に戻るのでしょうか?
返済完了しても、あと7000万が限度なのでしょうか?



回答
8,000万円というのは一企業(個人事業主を含む)当たりの無担保扱いでの保証限度額です。
これはあくまでも原則であって、企業の規模や業績等によって保証限度額は変動します。
例えば年商が2,000万円の企業の場合、無担保扱いの保証限度額が8,000万円だからといって、8,000万円の保証が行われることはありません。
年商が2,000万円であれば最大でも1,000万円が保証限度といったところでしょうか。
また返済が完了しても再び当初の保証が行われるとは限りません。
保証が行われるかどうかは都度審査が行われますから、仮に企業の規模が同じであっても赤字が続いているなど業績が悪化していれば当初のような保証が受けられない可能性も十分にあります。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。