信用保証協会と根抵当権について



ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>信用保証協会と根抵当権について

質問
現在、銀行から1億5千万円ほどの借入があります。
借入はすべて信用保証協会の保証付になっています。
銀行からはこれ以上の借入は難しいと言われています。
ところで銀行には自宅を根抵当権に取られています。
先日、銀行に「なぜ保証付なのに根抵当権をつけているのか」と問い合わせをしたところ、信用保証協会の担保になっているのとのことです。
納得できません。
どういうことでしょうか?

回答
信用保証協会が無担保扱いにて保証する限度は原則として8,000万円です。
この水準を超える金額の保証を得るには、有担保扱い、つまり担保が必要になってきます。
1億円5千万円の保証をすでに受けているということですが、すべて無担保扱いではこの規模の金額の保証を受けることは困難です。
したがって銀行でつけている根抵当権を「見合」にして、有担保扱いにて信用保証協会の保証をとりつけて銀行から借入がなされているものと考えます。
別の言い方をすると根抵当権の設定がなければ1億5千万円の借入は出来ないということです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。