借入のない銀行に預金が集中している取引先には・・・


ホーム銀行融資審査マンの心理>借入のない銀行に預金が集中している取引先には・・・

実務をしている上で意外に少なくないのが、融資先の中小零細企業の預金が借入のない銀行に集中していることです。
売上の振込指定口座は借入のない銀行になっているために自然と預金が滞留するということでしょうが、融資を行っている銀行としては面白くない話です。
融資をしている銀行としては「融資をしているのだから、預金も置いてよ」といった気持になります。
それが借入のない銀行に預金が集中しているとしたら、「ではそこの銀行から借入をして」という気持ちにもなるのです。

また預金の残高は融資判断にも影響を与えます。
中小零細企業への融資判断においては第一には業績の良し悪しです。
ところが中小零細企業は大企業に比べて事業基盤が弱い面があり、業績がすぐに悪化してしまう懸念があります。
また中小零細企業の決算書はその透明性において大企業と比べて劣る面もあります。
それを補完するのが預金の残高水準です。
その預金が他行にあれば中小零細企業の足許の業績判断がしづらいため、突っ込んだ融資にどうしても及び腰になってしまいます。

預金は借入のある銀行に預けておくことが資金調達をスムーズに行うためにも大切なことです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト