「資金繰りは頭の中にある」ではだめです


2014年12月29日

ホーム銀行とのつきあい方>「資金繰りは頭の中にある」ではだめです

資金繰りの今までの実績と今後の予想については融資をする銀行としては非常に気になるところです。
そのために銀行は融資検討の際に取引先に資金繰り表の提出をお願いすることがあります。
日頃から資金繰り表を作成して資金管理を行っている取引先は銀行からお願いをすると、すぐに提出していただけます。
このような取引先は資金繰り表の中身もさることながら、日頃からきちんと資金繰り管理が出来ていると考えられますから、銀行としては安心することが出来ます。
ところが中小企業の中には資金繰り表を作成していないところが少なくありません。
このような取引先に日頃の資金繰り管理はどのように行っているのかを質問すると、多くの場合、社長の頭のなかにきちんと入っているから、わざわざ紙に落とす必要はないといったものです。
そして資金繰り表として提出をお願いしても、なかなか提出いただけません。

たしかに資金繰りは社長の頭の中に入っているかもしれません。
しかし銀行という第三者の立場では社長の頭の中を見ることは出来ません。
このため資金繰りの見通しを確認することが出来ません。
資金繰りの見通しを確認することが出来なければ、銀行としても安心して融資に応じることが出来ません。
資金管理をより正しく、かつ間違いのないようにするためにも資金繰りは社長の頭の中だけではなく、きちんと資金繰り表というツールにて管理すべき事柄だと思います。
資金繰りは会社の事業継続の生命線ですから。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%