リスケ時の連帯保証人の信用情報について

ホーム返済条件変更(リスケ)>リスケ時の連帯保証人の信用情報について

質問
主人が個人事業者で妻の私が専従者です。
去年くらいから売り上げが落ち銀行から運転資金で借入している分の返済が困難になり半年間元金据え置きの手続きをしました。
その後私も主人には内緒で生活費で使ったローン等の借入返済が困難になり任意整理をしました。
しかし、そのあと銀行から日本政策金融公庫の返済と住宅ローンのあるJAにも元金据え置きもしくは減額の相談に行くよう言われました。
私は両方の借入の連帯保証人になっています。
リスケした場合連帯保証人の信用情報は調べられるでしょうか?
もし調べた場合私が任意整理したことはわかってしまうのでしょうか?
そして、わかってしまうと連帯保証人から外されてしまいますか?
その場合、新たに連帯保証人を求められるのでしょうか?
新たな連帯保証人がいない場合はどうすればいいのでしょうか?
主人が一括請求とかされてしまうのでしょうか?





回答
リスケ時に連帯保証人の個人信用情報を調査するようなことはありません。
リスケの条件変更契約時には債務者とともに連帯保証人にも条件変更の同意の意味で、署名捺印が必要です。
しかしその手続きの一環で連帯保証人の個人信用情報を調査することはありません。





◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%