低利率の銀行融資は長続きしない

ホーム銀行とのつきあい方>低利率の銀行融資は長続きしない

銀行員の一方的な見方かもしれませんが、低利率の銀行融資は長続きしません。
銀行も当然、民間会社ですから収益を追求しています。
そしてその収益は一つ一つの銀行取引から生み出される大小の収益によって積み上げられています。
法人のお客さんとの取引でいえば、1社1社の取引採算を銀行はきちんと把握しています。
取引採算が良好な法人のお客さんとはもっと取引量を増やしたいと考えています。
逆に取引採算が良くない法人のお客さんとは、今後の取引について見直しの必要があります。

資金を必要としている法人のお客さんとのつきあいでいえば、銀行の役割は資金が必要な時にきちんと融資を行って応えることです。
それにはその法人との取引採算が一定の水準が既に確保されていることが意外に大きなウエイトを占めています。
取引採算が悪い法人とは銀行の収益の効率性において足を引っ張る存在とも言えますから、そのような法人とは積極的な取引展開が難しい面があります。





低利率の銀行融資は取引の突破口として銀行自らが推進している側面があります。
当然、融資を受ける法人としても利率が低いほど良いに決まっています。
しかし低利率の銀行融資は適正な取引採算を確保するという点においては間違いなくマイナスです。
低利率の銀行融資ばかりでは、適正な取引採算を確保することは難しいですから、どこかの時点の取引推進を見直す転換点が訪れます。

利率だけで融資を受ける銀行を選択していると、資金が必要な時に融資が受けられないという事態を招きかねません。
銀行取引もあくまでもビジネス取引ですから、お互いの適正な利益を求めることが必要ではないでしょうか。





◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%