銀行融資審査は保守的

ホーム銀行融資の基礎>銀行融資審査は保守的

銀行には融資を促進する営業部隊が数多く存在しますが、その一方で厳格に融資審査を行う部隊も数多く存在しています。
お客様に直接に接するのは融資を促進する営業部隊だけであり、融資審査を受け持つ担当はお客様と直接接することはありません。
そして多くの場合、融資営業の担当者は融資経験において審査担当者と比べて弱く、サラリーマンとしての力関係においても審査担当者が勝るのです。
また万が一、実行した融資が回収不能に陥った場合、その取上げ責任を強く追及されます。
このような背景もあり、銀行融資の審査に臨む態度は「融資はしたい」ものの極めて保守的な態度で銀行員は行うことになります。

したがって銀行に融資を相談する際には、この銀行員の保守的で懐疑的な考え方を弱めることが大切です。
いくつかこれらのポイントをお示ししますのでご参考にしてください。

・質問には隠さずすべてに答える・・・銀行員が抱く疑問点を払拭しない限り、銀行融資が受けられる可能性は小さくなります。
・複数の書類を提出する際には数字の一致を確認する・・・複数の資料を銀行に提出する場合、こっちの数字とあっちの数字が違っていては、提出資料の信憑性が疑われ、審査は前には進みません。
・良いことばかり話さない・・・ついつい悪いことは話さず良いことを話したくなりますが、これはかえって逆効果です。悪いこともきちんと話すことによって銀行員の信頼度を高めることが出来ます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。