個人事業主宛の銀行融資は売上重視それとも利益重視?

ホーム銀行融資の審査に関すること>個人事業主宛の銀行融資は売上重視それとも利益重視?

先日、ある個人事業主の方から銀行は融資をする際に売上を重視しているのか、それとも利益を重視しているのかとの質問を受けました。
この個人事業主の方は少しずつですが売上は年々増加している状態です。
ただ税金負担を軽くするために可能な限り経費を計上し利益を少なくしているとのこと。
このような状態で売上が年々増加していることから、仕入などの支払負担が増加しており、運転資金として銀行融資を考えているとのことです。

ずばり銀行は売上、利益とも重視しています。
まず売上。
銀行は売上の規模もさることながら、その傾向を見ています。
つまり売上が増加している傾向にあるのか、それともジリ貧の状態にあるのかということです。
当然、ジリ貧よりも売上が増加している傾向にあることの方が好ましいと言えます。





一方で利益。
利益は銀行融資を返済する原資となるものです。
利益は多ければ多いほど返済能力が高いと銀行は考えますから、融資の審査においては有利に働きます。
確かに税金負担を軽減するために、原価や経費などを必要以上に計上し確定申告において利益を圧縮するケースは少なくないと思います。
しかし銀行融資の審査の点において判断材料となるのは確定申告で計上されている売上や利益です。
この数字でもって銀行融資の可否判断がなされていると言っても過言ではありません。

税金負担を少なくするために利益を少なくするというのは銀行融資のという必要な資金をスムーズに調達するという点においては不利に働くことを認識しておいてください。





◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%