同じ借入期間でも返済方法によって金利は異なる

ホーム銀行融資の基礎>同じ借入期間でも返済方法によって金利は異なる

銀行融資の金利は基本的には融資期間が長いほど高い傾向にあります。
1年の融資期間よりも5年の融資期間の方が金利は高くなる傾向にあります。
金利と言うのは銀行から見ればリスクに対する見返りの一面を持っています。
同じ1,000万円の融資であっても期間1年と期間5年を比較した場合、期間5年の方が銀行にとってはリスクが高いのです。
期間が1年であれば1年後には1,000万円の融資全額が返済されて回収出来ることになります。
ところが期間が5年であれば、当たり前のことですが融資1,000万円を全額回収するまで5年を要します。
この5年間の間に融資先の信用状態が悪化すれば、融資全額の回収がおぼつかない事態も想定されます。
つまりリスクが1年よりも5年の方が高いのです。
そのために同じ金額の融資であっても期間が長いほど金利は高くなる傾向にあるのです。





では期間が同じ1年の融資はすべて同じ金利かと言うと必ずしもそうではありません。
返済方法によって金利は異なってきます。
1, 000万円の融資を期間1年で2件実行したとします。
1件の返済方法は期限一括返済です。
もう1件は毎月の分割返済、つまり12回の分割返済だとします。
この場合、期限一括返済の方が金利は高くなります。
なぜなら期限一括返済の場合、期限までのまったく元金の返済がなされません。
もし融資先にいざということがあった場合、1,000万円の融資全額の回収が出来なくなる可能性があります。
一方で、分割返済の場合、半年後には融資金額は半分の500万円に減少しています。
融資先にいざということがあっても、返済が進んでいる分、回収不能となってしまうかもしれない金額は減少しています。
つまり期限一括返済は銀行にとって分割返済に比べるとリスクが高いのです。
ですからリスクの対価である金利が高くなるのです。





◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%