銀行融資の急な申し込みは不利です

ホーム銀行融資の受け方>銀行融資の急な申し込みは不利です

銀行融資の申し込みはその時期が意外に重要です。
極論を言えば同じ融資先でも融資を申し込む時期、タイミングで融資が受けられることもあれば融資が受けられないこともあります。

融資ですから最後まで返済してもらうというのが大原則です。
ですから銀行は融資審査において何よりも融資先の信用状態を気にします。
平たく言えば危ないと感じられるところには融資は行わず、大丈夫と考えられるところには積極的に融資を行います。
この点において銀行融資を申し込む時期というのが影響します。
急な融資の申し込みを受けた場合、「どうしたんだろうか」「何かあったのだろうか」「大丈夫なんだろうか」と考えるのが自然だと思います。
銀行も当然そのように考えます。
急な申し込みを受けた場合には銀行は申し込みをしてきた顧客の信用状態に警戒感を抱きます。

ですから資金が必要な時期が迫ってからの融資申し込みを避けてください。
無用な不安感を銀行には抱かせてしまいます。
余裕を持って融資を申し込みば何ら問題なく融資が受けられるものが、急な申し込みをしたばっかりに銀行には不安感を抱かせてしまい、最悪の融資を断られるという事態を招いてしまいます。
この先は、少し資金繰りが不安だなと感じたならその時点に早めに銀行には声をかけておくことが大切なのです。
前もって銀行に資金繰りの相談を行うことにより銀行は「この融資先は資金管理をしっかりと行なっている」と前向きな印象を持つものです。
決して「大丈夫なのか」といった不安感を銀行には持たせることにはなりません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。