季節資金に資金繰り表はあった方がいい

投稿日:

ホーム銀行融資の受け方>季節資金に資金繰り表はあった方がいい

例えば衣料品を販売している会社の場合、夏物商戦に向けて冬から春にかけて夏物衣料を集中的に仕入れを行います。
そして夏物商戦に臨むと思います。
これを資金面で分析してみると、冬から春にかけて仕入資金が必要になり、夏物商戦時期に売上金により資金回収をすることになります。
つまり仕入資金の負担は売上回収の時期まで続くことになります。
この資金負担を手元資金で賄えることが出来れば良いのですが、そうでない場合には銀行融資の利用を検討することになります。

銀行の季節資金の融資相談を行う場合には、試算表や今回の商戦に向けた売上計画などの資料を提出することなりますが、資金面を説明する資料としてぜひ資金繰りの予定表を準備したいところです。
資金繰り予定表により銀行に対してどれくらいの資金が必要となるので、そしていつ返済が可能となるのかを説明することが出来るからです。
季節資金の場合にはこの資金繰り予定表を銀行から求められるケースが多いですから、銀行に言われる前に準備をして提出することで「しっかりと資金計画も検討されている」などと銀行の融資担当者の心象が良くなる効果もあります。
ぜひ準備をして下さい。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の受け方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.