貯蓄をしていると銀行融資が受けやすくなりますか?


ホーム起業・創業融資の申込み>貯蓄をしていると銀行融資が受けやすくなりますか?

これは数年後に個人で飲食店の開業を検討している方がその開業資金を銀行融資で手当てすることを考えているケースの質問です。
今後、銀行から融資を相談するにあたりあらかじめ個人で銀行に積立貯金などの貯蓄をしておいた方が有利に働くかどうかといった疑問です。

これはずばり銀行にあらかじめ貯蓄をしておいた方が有利に働きます。
銀行というところは不思議なもので融資量を伸ばそうと日々考えている一方で、突然取引のない法人や個人から融資の申し込みを受けると警戒する特徴があります。
なぜうちに来たのか?とか他に断られたから相談に来たのか?など。
ですからあからじめ個人で貯蓄をしておくと「だからうちに相談に来たんだ」と銀行は納得するのです。
また融資可否の判断においても「個人で一定の預金取引があるから」といった理由で審査のハードルを下げる傾向にあります。

融資判断はケースバイケースで上記の例が必ずとは言い切れませんが、融資審査に有利に働くことは確かです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト