決算書の疑問点に答えないのは逆効果です

投稿日:

銀行員にとって決算書は融資提案の材料

銀行員は取引先からいただいた決算書は融資提案といった営業推進に利用できる有力な材料と捉えています。
売上が伸びていれば増加運転資金の提案が検討できますし、他の金融機関からの借入の肩代わり提案といったケースもあるでしょう。
しかし融資は与信ですから銀行内の稟議があります。
そのため決算書に疑問点などがあれば銀行員はそれを解明しておくことが求められます。
例えば、
・売掛債権回転期間が長期化しているが不良化しているものはないか
・貸付金勘定に身知らぬ法人が記載されているがこの法人との関係は?
など決算書を分析しているとどのような取引先でも疑問点があるものです。
このような疑問点はどれだけ決算書を眺めていても真のことはわかりませんから、やはり取引先に質問をして聴取しなければなりません。

疑問点に答えないのは融資に逆効果

銀行員からの質問に対して正面から答えてくれる取引先ももちろんありますが、中にはきちんと答えてくれない取引先に遭遇することもあります。
質問に答えてくれないケースの多くは平たく言えばまずいことがあり、それを銀行に伝えると今後の取引に不利になるのではないかという思いを取引先が持っているケースです。
さきほどの売掛債権回転期間が長期化している例で考えてみましょう。
実際に不良化しているものがあれば、それを銀行に伝えると十分な融資が受けられないのではないかという思いから「特に思い当たることはない」などと正面から答えてくれないことがあります。

疑問点があると突っ込んだ融資検討に障害です。
まずいことを銀行には伝えなくないという気持ちはわかります。
しかし不明点が解明出来なければ銀行としても突っ込んだ融資判断が出来ないのが事実です。
「何か隠しているのでは?」などと警戒心を銀行が抱けば、出来る融資も出来なくなります。
銀行からの質問には正面から答えたほうが得策です。



-銀行とのつきあい方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.