手許の余裕があるうちにリスケのすすめ

投稿日:

資金繰りに窮した取引先には金融機関宛の返済を減少させる条件変更、いわゆるリスケが資金繰りを維持する点で有効な対応方法となります。
しかしリスケにも費用がかかります。
費用が捻出できなければリスケが出来ず、資金繰りが回らない事態になるかもしれません。

リスケに対する強い抵抗

担当先にKK社がありました。
KK社は農業向けの各種飼料を生産・販売している会社です。
地方にいくつかの飼料の生産工場を保有しており、これらに関わる設備投資資金は金融機関の借入で賄っていました。
海外から安価な飼料が出回る影響を受けてKK社の売上は年々減少してきました。
これに比例して資金繰りも悪化し、設備投資に伴う借入の返済負担がKK社の資金繰りに大きな負担となっていました。
そのためKK社からは定期的に追加融資の要請があり、最初のうちは当行もこの融資要請に応じてKK社の資金繰り支援を行ってきました。
しかしこの間もKK社の業績は悪化し、資金繰りにひっ迫感がさらに増加してきました。
このためKK社からは従来以上に多い追加融資支援の要請がありましたが、もうこれ以上当行としても追加融資にて資金繰りを支援することには限界がありました。
そのため私はKK社にリスケによる資金繰り維持を提案しました。

当方:「先日ご融資の相談をいただきましたが、御社の業績の回復が見られない中で当行としてもこれ以上の追加融資は出来ません」

先方:「それは困りました。融資が受けられないとなると今まで続けてきた返済が出来なくなります。銀行さんはそれでも良いのですか」

当方:「返済はしていただかないと困ります。しかし御社の資金繰りの実態から返済を続けることは非常に難しいものと私も考えています。社長、どうでしょうか。一定期間元金の返済を止めて返済負担を軽減されてはいかがでしょうか。これも一種の融資とお考えください。追加融資の代わりに返済を一定期間止めるのです。返済が止まることは一種の融資と同じ効果があります」

先方:「理屈はわかります。しかし一度リスケを行うとこの先新規の融資が受けられなくなるでしょ。これから売上を上げていくためには資金が必要でそれは銀行さんからの借入に頼るしかありません。融資が受けられなければ売上の回復すら出来なくなります」

当方:「確かにリスケを行うと少なくともリスケを行っている期間は追加の融資は原則として難しくなります。しかし未来永劫、新規の融資が出来ないということではありません。現に過去のリスケをされた会社さんで今ではそれ以前の同様に新規融資を行っている取引先もありますから」

先方:「すぐには決断出来ません。いつになれば新規の融資が受けられるようになるのかわからない状態で安易にリスケをする気持ちにはなりません。しばらく考えさせてください」

KK社の社長はなかなかリスケに首を縦に振りませんでした。
とにかく今まで通りに追加の融資を受けつつ業績の回復を期したいという思いが強かったのです。
一度リスケすれば追加の融資の道が途絶えてしまうという強い思いもリスケを決断する足かせになっていました。
私が心配していたのはリスケの決断をずるずると後にすることで、手遅れになってしまうのではないかということです。
つまりリスケを行うにも費用がかかります。
多くの中小企業は信用保証協会の利用があります。
リスケとなれば当然、信用保証協会の保証付借入も対象となります。
信用保証協会の保証付借入をリスケする際には信用保証協会宛に追加の保証料支払いが発生します。
またもし延滞をしていればリスケ時には利息の清算が必要となります。
このようにリスケをする際には一定の費用負担が発生するのです。
KK社の資金繰りは行き詰っていましたが、まだリスケに要する費用は捻出出来る余力がありました。
その余力があるうちにリスケをすることをKK社に進めたのです。
もしリスケ費用が捻出することが出来ないくらい資金繰りが行き詰ってしまえば、もうリスケすら出来ないことになり、信用保証協会からの代位弁済や担保処分、資産の差押えなど強制回収の手段しか残らなくなります。
こうなればもう手遅れなのです。
そうなる前にKK社にはリスケを提案したのです。

手遅れにならないうちにリスケを説得

KK社の毎月の返済日は月末なのですが、その10日ほど前にKK社の社長から連絡があり、今月末の返済は出来ずに半月ほど返済を待ってほしいというものでした。
KK社の資金繰りは時間の経過とともにさらに悪化してきたのです。
私は延滞の事態の引き金となって資金繰りの詳しい説明を求めるために、銀行に来てほしい旨依頼をしました。
社長に来てもらい上司からもリスケを提案し社長の背中を押してもらおうと考えたのです。

先方:「申し訳ない。月末にどうしても支払いをしないといけないところがあり、これを優先させてほしい。そのために月末の御行宛の返済は待ってほしい。来月の10日ごろには売上の入金があるので、それまで今月末分の返済は待ってください」

当方:「どうしても支払いをしないといけないという内容は何ですか」

先方:「原材料の仕入先です。実はこの仕入先には資金繰りが厳しくなってすでに買掛けの支払が貯まっています。そのため支払いをしないと原材料の新規仕入が出来なくなってしまうのです。そうなればうちの商売はストップしてしまいます。そのため月末にどうしても支払いをしないといけないのです」

当方:「そうですか。事業はわかりました。ただ私どもの立場上、延滞は良いですよとは言えません。ただリスケを行うとなれば月末の延滞は受け入れることが出来ます。
本日社長から伺った内容から推察しますと私たちが感じている以上に資金繰りの悪化が懸念されます。
そのような状況ではたとえリスケをしないとしても追加の融資など検討出来る余地はありません。申し訳ないのですがこのような状況です。
すでにご案内はさせていただいておりますが、リスケには信用保証協会への追加保証料など費用負担が発生します。本日お持ちいただいた資金繰り表を拝見する限り、まだリスケの関わる費用をお支払いをいただける状態にあると思います。
このリスケの費用は捻出出来なければ、この先延滞が長期化し、本意ではないですが強制回収や保証協会からの代位弁済などの手続きに入っていくしかありません。
そうなれば社長しても非常に苦しい立場になってしまうと思います。
今のうちにリスケをして一旦資金繰りを維持・安定させ、そして売上回復に専念されればいかがでしょうか」

先方:「そうですか。わかりました。リスケをお願いすることにします。今までかんばってきたのですがここまで資金繰りが悪化するとは想像してませんでした。残念ですがそれしか道がないようですね」

以前担当していたKK社以外の取引先の中で資金繰りが底をついてしまい、リスケ費用すら捻出出来ずに延滞長期化、保証協会による代位弁済となってしまった経験がありました。
その後その取引先はどうなったのか不明ですが、代位弁済などとなればこの先も金融機関との取引を正常化することは真に困難となります。
そうならないようにKK社にはまだ余裕がある時点でリスケを決断してもらい、業績の回復を期してもらうことにしました。



-銀行融資申込事例集

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.