信用保証協会融資

信用保証協会の審査とカードローンの延滞

個人事業主の方が信用保証協会の保証制度を利用するには信用保証協会の審査に通る必要があります。
この個人事業主の方が過去のカードローンを延滞していた場合に、信用保証協会の審査に影響があるのかどうかというテーマです。

質問

個人の自営業です。
信用保証協会を利用して設備資金の銀行融資を受けたいと考えています。
ところで信用保証協会の審査とはどのようなものでしょうか。
以前の話ですが個人のカードローンで延滞となったことがあります。
信用保証協会の審査に影響があるのでしょうか?

信用保証協会の審査と個人信用情報

信用保証協会は全国銀行信用情報センターという銀行系の個人信用情報機関に加盟をしています。
問題は個人事業主から申し込みがあった場合に信用保証協会が個人信用情報を調査するかどうかという点です。

個人信用情報とは

個人信用情報とはカードローンやクレジットカードの利用額や返済状況が記録されているものです。
個人信用情報は個人信用情報機関と呼ばれる団体にその情報が登録されており、主に銀行系・クレジットカード系・消費者金融系の3つの個人信用情報機関があります。
そしてこの3つの個人信用情報機関はそれぞれ情報を連携しています。
カードローンの返済が延滞になった場合にはその情報が個人信用情報として登録されることになっています。
銀行やクレジットカード会社、消費者金融会社は個人の方から新規の申し込みがあった場合には、この個人信用情報を調査して審査の参考にしています。
そして個人信用情報に延滞情報や破産情報などの事故情報があれば、審査はまず通りません。

信用保証協会の利用が初めての場合

信用保証協会の利用が今回初めての場合には信用保証協会はこの個人事業主の方の個人信用情報を調査します。
そして個人信用情報を調査した結果、延滞情報などがあれば信用保証協会の審査は通りません。

信用保証協会の利用が2回目以降の場合

信用保証協会の利用が2回目以降の場合ですが、この場合には管理者の融資実務経験からして信用保証協会は個人信用情報を調査していません。
もちろん何かあれば信用保証協会は個人信用情報を調査しますが、通常は調査をしません。

個人信用情報が信用保証協会の審査に与える影響

もし個人信用情報に延滞情報などの情報が登録されていれば、今回の信用保証協会の審査は通りません。
もっとも信用保証協会は本人の同意なしで勝手に個人信用情報を調査するようなことはしません。
個人信用情報を調査する際には必ず事前に書面で本人の同意を求めることになっています。
今回、信用保証協会にいろいろな申込書類を提出したと思いますが、手元の控えを確認していただき個人信用情報を調査する同意書が含まれているかどうかを見てください。
なければ信用保証協会は個人信用情報を調査するようなことはしません。
個人信用情報を調査しないということはカードローンを延滞していたという事実は信用保証協会は知らないということになります。
したがってこの場合にはカードローンを延滞していたことは信用保証協会の審査には影響しないことになります。

記事検索

キーワード一覧

-信用保証協会融資
-, , ,