銀行融資審査マニュアル32 季節資金

ホーム銀行融資審査マニュアル>銀行融資審査マニュアル32 季節資金

季節資金とは

例えば衣服の卸・小売業で考えてみると、夏物・冬物に代表されるように季節ごとに売れる商品が大きく異なります。
このような場合には売れる季節の前に、商品の製造や仕入などを集中的に行う必要が出てきます。
一方で代金の回収は売れる季節まで待たなければなりません。
この間の立替、つまり資金需要に対応するのが季節資金と呼ばれる銀行融資です。

季節資金に対する審査の目線

季節物の商品は販売計画どおりに売れればよいのですが、季節物は足が早い、つまり陳腐化が早いため、その季節に売れなければ不良化してしまう危険性を持っています。
したがって商品の需要動向を見極めて、販売・仕入計画に無理がないかどうかを検証する必要があります。





また前年の実績に比べて大きな違いがないかどうかも大切な審査ポイントです。

季節資金の融資期間

季節資金は販売がピークとなる時期までの短期間の資金需要であるため、融資期間も短期となり、代金回収時期にあわせた期日一括返済、もしくは分割返済とするのが一般的です。

季節資金融資の申し込みポイント

季節資金を銀行に融資申込みする際には足元の実績を示す試算表のほかに、販売・仕入計画の説明が重要となります。
銀行は説明された販売・仕入計画などの妥当性の検証を行い、融資是非の審査を行います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%