信用保証協会のブラックリストに載ったらもう融資は受けられませんか?

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>信用保証協会のブラックリストに載ったらもう融資は受けられませんか?

質問
5年ほど前に信用保証協会からブラックリストに載りましたみたいな書類を送付されたことがあります。
やはりブラックリストに載ってたら融資は断られるのでしょうか?
5年経ったらブラックリストから削除されるなんて事も聞いたのですが、よく分かりません。

回答
信用保証協会のブラックリストというものは存在しませんが、融資を受けていた銀行に返済することが困難になり、信用保証協会が銀行に代わりに返済した、つまり代位弁済を行うと、もともと借りていた人(債務者)は信用保証協会に求償債務を負うことになります。
簡単にいうと、債務者は信用保証協会に返済する義務を負うことになります。





信用保証協会に求償債務を負っている間は、信用保証協会は新規の保証を行いません。
銀行は中小企業向けや個人事業主向けの融資には信用保証協会の保証を付けることがほとんどです。
となると、信用保証協会が保証をしないとなると事実上、銀行も融資を行わないことになります。

したがって信用保証協会のブラックリストに載ってしまう、つまり信用保証協会に求償債務を負っている間は銀行融資を受けられる可能性はほぼなくなります。
信用保証協会から再び新規の保証を受けるには、完全に求償債務を返済して少なくとも6ヶ月以上経過しないと困難です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%