銀行融資の基本

貯金0円で美容室を開業したいのですが・・・

質問

今月いっぱいで勤め先が経営不振の為、辞めなければなりません。
退職金等はなにも貰えません。
そこで自分で独立を考えたのですが開業にあたっての資金がまったくありません。
無担保で利率の低い金融機関はないのでしょうか?

回答

自己資金がなくても独立開業にあたっての創業融資を申し込むことは出来ます。
ただし美容室の開業にあたっては多額の設備が必要であり、創業融資にて全額賄うことはほぼ不可能です。
仮に創業融資にて全額を借入することが出来たとしても、その後の返済が経営を大きく圧迫するはずです。
まずは自己資金を貯蓄するのが賢明だと思います。
設備資金と開業後しばらくの運転資金(人件費や家賃、光熱費などの経費)の合計の少なくとも2割は自己資金を用意することを目標としてください。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.