運転資金融資を流用した場合の影響

ホーム銀行融資の資金使途に関すること>運転資金融資を流用した場合の影響

運転資金の借入は銀行融資の中でもっとも多い資金使途です。
では運転資金として銀行融資を受けた資金を運転資金以外、例えば他の借入金の返済や、第三者への貸付金に流用した場合、その後の銀行取引にどのような影響があるでしょうか。

運転資金はわかりにくい

設備資金の場合は、その銀行借入によって例えば土地を買ったり、機械設備を新規に購入したりしますから外部から判別しやすいのですが、運転資金というのは買掛の支払であったり、人件費だったりとおよそ会社の事業活動において発生する資金需要に対応するものですから、外部からは使途の確認が非常に困難な性質を持っています。
したがって運転資金として銀行融資を受けた資金を買掛金の支払ではなく、第三者への貸付に流用した場合でも直ちに銀行はその事実を把握できない可能性は十分あります。
つまり銀行にばれない可能性が十分あります。





決算書で資金使途を確認

しかしながら融資実行後、最初に到来する決算期の決算書にて銀行はほぼ間違いなく融資した資金が何に使われたかを探りあてます。
そのあたりはプロですから、決算書を眺めることによって実質の使途がわかるのです。
そこで運転資金として銀行融資を受けた資金を例えば第三者への貸付などに流用した場合、銀行は融資先に対してどのような対応を取ると思いますか?
まずその融資先に対して融資した資金を一括にて返済を求めることはまずしません。
この点はご安心を。

資金使途違反の代償

ではどのような対応を取るのか?
これは使途違反の程度や、その会社の業績、そして銀行によって対応は異なりますが、多いケースとしてはその使途違反が解消されない限り、追加融資を控えるということです。
運転資金の流用はなかなか外部にはわかりません。
しかし銀行は概ね何に使われたかを把握していると考えたほうが良いと思います。
あまりにもひどい使途違反の場合は、追加融資拒絶などのペナルティを受けることがありますからご注意ください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%