社長が消費者金融から借入がある場合


ホーム銀行融資と経営者の関係>社長が消費者金融から借入がある場合

社長が消費者金融から借入がある場合、その会社は銀行融資を受けることが出来るのでしょうか。

銀行借入は難しくなります

結論から申し上げますと、まずその会社は銀行借入を受けることはできません。
会社と社長は本来的には法人と個人ですから、信用面においては関係のないことですが、中小企業の場合、銀行は法人と社長個人は一体と見ています。

たとえ社長の消費者金融からの借入が会社の事業に費やしてものではなく、純粋に個人的な借金であったとしてもです。

一般的に考えて消費者金融から借入するということは資金的に窮していることが伺えます。
そうすると会社の資金が社長の消費者金融への返済資金に流用される懸念があります。
そうすると会社の事業資金に支障をきたす恐れも出てきます。

中小企業の場合、会社と社長は一心同体

さきほども申し上げましたが、中小企業の場合、会社と社長個人は一体として銀行は見ています。
社長が消費者金融から借入をし資金的に窮しているということは、会社と社長全体が資金的に窮していると看做すことができます。

資金的に窮しているということは貸したお金が返ってこない可能性が高くなります。
ですから銀行は社長個人が消費者金融から借入をしている場合は、融資には慎重になり、ほとんど場合、融資をお断りすることになるのです。

今はなくても過去に社長が消費者金融から借入をしていた場合は、銀行によってスタンスは多少変わるところがありますが、例えば、今は消費者金融からの借入はすべて返済していても、一年以内に借入していた場合などは、会社の借りれは難しくなると思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト