社長の必要資金を会社が借入する場合


ホーム銀行融資と経営者の関係>社長の必要資金を会社が借入する場合

社長に何らかの理由でお金が必要になり、社長自身は借入することが出来ないので、会社が代わりに銀行融資を受け、それを社長に貸付ける・・・。
つまり会社が借りてそれを社長に転貸する。
時々ある話です。

この場合、会社の借入の本当の使途は社長への転貸資金ですが、銀行にそのまま説明してもまず銀行融資を受けることは出来ません。
したがって例えば運転資金だと説明して銀行融資を受けることになると思います。
銀行も運転資金であれば比較的融資に応じやすいはずです。
本当は社長への転貸資金だということを銀行にあえて説明しない限り、銀行はわかりませんから、まず運転資金ということで銀行融資を受けることが出来るはずです。

でも、よかった・・・、とは行きません。
次に銀行に会社の決算書を出すとき、おそらく借入金が増加し、その分社長への貸付金が発生、もしくは増加した決算書になっているはずです。

この決算書を見たら銀行は当時の融資の資金使途が運転資金ではなく、実は社長への転貸資金であったことに気付きます。
銀行にうそをついて借入をしたことが判明するのです。

そうなったら銀行は厳しい態度で臨むようになります。
今後その銀行からは銀行融資を受けられない可能性が高くなります。
本当に会社の運転資金が必要であっても銀行はまず融資に応じません。
うそをついて借りた会社を信頼することは出来ないからです。

その場は銀行融資を受けることが出来ても、その後大きなペナルティが待っていることを覚悟する必要があります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト