銀行融資の受け方のコツ1 事業内容をわかりやすく説明する

ホーム銀行融資の受け方>銀行融資の受け方のコツ1 事業内容をわかりやすく説明する

銀行に融資を申し込む際にはいくつからの「コツ」があります。
その「コツ」を銀行融資の申し込みを受ける側の視点からいくつかご紹介します。
最初は「事業内容をわかりやすく説明する」です。

銀行では融資の申し込むを受けるとまず最初に担当者が申し込みの是非を検討し、上席者に稟議を提出し決裁を受けます。
融資検討の出発点は融資先の事業内容の把握です。
つまり「どんな商売をしているのか?」です。
何をやっているお客さんなのか、その事業内容がわからなければ銀行担当者の手は止まってしまいます。





銀行ではさまざまな業種のお客さんと取引があるわけですが、担当者レベルですべての業種の内容や特徴を把握しているわけではありません。
ベテラン担当者ともなれば業界知識などは充実していますが、若手担当者ともなれば素人同然です。
したがって銀行に融資を申し込む際には事業の内容をわかりやすく説明することがポイントとなります。

事業内容を説明する際には、業種だけではなく主要な販売先や仕入先、売上回収条件や支払条件など資金繰りに関係する点も併せて説明することをおすすめします。
事業内容がわかっても「なぜ資金が必要なのか?」がわからなければ、やはり銀行担当者の手は止まってしまいます。
売上回収条件や支払条件は「なぜ資金が必要なのか?」を解明する大きなヒントとなるからです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%