3か月後に再び融資要請


ホーム中小企業社長との面談日誌>3か月後に再び融資要請

3か月ほど前に融資を実行した建設業の中小企業の社長から再び融資の相談を受けました。
「震災の影響もあり従来にもまして競争が激しくなっている。ここは何とか生き残らないと生けない。そのための資金を借入したい。どの程度融資が可能か?」。

上記のような融資申し込みを受けましたが、私としては
・この前の資金はもうなくなったのですか?
・返す当てはあるのですか?
・足元の業績はどうなのですか?
ということを何よりも聞きたいです。

直近の決算は赤字状態。
銀行融資の業務は貸すだけではなく返済を受けることも重要な事項ですから、返済計画というか返済可能性を見極めなければなりません。
上記中小企業の社長の説明では返済可能性がまったくわかりません。
3か月前に融資したにも関わらず再び融資の申し込みが発生するケースの多くは業績が悪化していることを想定します。
したがって試算表などを提出し、まずは決算期以降の業績状態を銀行に説明することから始めなければなりません。

そして現在の工事受注状況や今後の見込み・計画を説明し、銀行に返済可能性があることを理解するように努めることが大切なのです。
ただやみくもに「生き残りのため資金が必要」と言われても銀行の支援を仰ぐことは困難です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト