踏み倒した場合の連帯保証人と信用保証協会


ホーム信用保証協会と連帯保証人>踏み倒した場合の連帯保証人と信用保証協会

事例

・昔、友人が事業資金の銀行融資を受ける際、連帯保証人になった
・銀行融資は信用保証協会の保証付融資
・最近、友人の事業の状況が良くなく友人からは銀行融資を踏み倒すと聞いている
・また友人からは踏み倒しても信用保証協会の保証が付いているから私には一切迷惑はかからないと言われている

解説

信用保証協会の保証が付いていても連帯保証人の責任が軽減されることはありません。
信用保証協会の保証付融資が回収出来ない場合、銀行は最終的に信用保証協会から代位弁済を受けて回収するわけですが、その前に銀行は連帯保証人に全額の返済請求を行います。
そして債務者からも連帯保証人からも返済がされない場合に、はじめて銀行は信用保証協会に代位弁済を請求することになります。

信用保証協会が銀行に代位弁済をすることによって銀行の融資は全額回収されるわけですが、これは銀行融資という債権が信用保証協会に移るだけです。
したがって債務者や連帯保証人は今度は信用保証協会から返済請求を受けることになります。
信用保証協会が銀行に代位弁済をすることによって、債務者や連帯保証人の返済義務が消滅するわけではないのです。
したがって信用保証協会が銀行に代位弁済をした場合でも、連帯保証人には大きな迷惑が完済するまで続くことになります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です