プロパー融資が受けられれば本格的な銀行取引と言えます


ホーム銀行とのつきあい方>プロパー融資が受けられれば本格的な銀行取引と言えます

銀行融資は切り口によっていろいろな種類に分類することが出来ますが、1つの分け方にプロパー融資か、それとも信用保証協会保証付融資(=マル保)に分けることが出来ます。

銀行からみて信用保証協会保証付融資はとても安全な融資と言えます。
信用保証協会とは公的な保証機関ですが、万が一取引先が返済不能となっても銀行は信用保証協会から代わりに返済を受ける(これを代位弁済と言います)ことで融資を全額回収することが出来ます。
つまり銀行は貸し倒れの心配をする必要がないのです。

これに対してプロパー融資は万が一取引先が返済不能となった場合、担保を取っていればそれを売却することによって回収したり、連帯保証人から返済を受けることで回収を目指しますが、必ずしも融資全額が回収出来る保証はありません。
つまり貸し倒れで損失が発生する可能性があるのです。
このようにプロパー融資は信用保証協会保証付融資と比べてはるかにリスクの高い融資なのです。

したがって自ずとプロパー融資に対して銀行は慎重な姿勢を取ります。
別の言い方をすれば、プロパー融資は信用力があり返済能力が高いと認められる取引先に行う融資と言えます。
信用力が不透明、返済能力に疑問が残る取引先に対しては「マル保(信用保証協会保証付融資)で対応しよう」という判断を銀行はするのです。

プロパー融資が受けられれば、銀行から一定の評価を得たと思ってください。
さらに銀行がプロパー融資を行うことは取引先ともっと突っ込んだ関係になりたいと考えていると思ってください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト