銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き 現段階で銀行融資の返済に充当できる金額を明示する

ホーム返済条件変更(リスケ)の手引き>銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き 現段階で銀行融資の返済に充当できる金額を明示する

返済が苦しくなったとして、いくらなら銀行融資の返済に充てることができるかを伝えることも必要です。
現状においてもこの程度は返済に回すことができるということを伝えることで、銀行側に「最後まできちんと返済します」という誠意を伝えるのです。
この「最後まできちんと返済します」という返済意思の伝達は極めて重要です。

延滞が長期化している取引先に多い実例ですが、返済に窮してくると「お金がないのだからしょうがないだろう」と開き直る方がいらっしゃいます。
このような態度は銀行の姿勢を硬直化させるだけで何のメリットもありません。
返済に窮してくると開き直る取引先が多い中で、「最後まできちんと返済します」という姿勢はみなさんが考えている以上に銀行の高い評価を得ることができるのです。

そして返済に回せる金額はある程度余裕をもった水準で十分です。
無理した金額を提示する必要はまったくありません。
あとでご案内しますが、リスケ期間中は追加の融資が原則受けられないといった不利益もあります。

今後の見込み通りに行かず、さらに資金が不足してしまうことは珍しいことではありません。
その場合、無理した金額でリスケ返済をしていれば再度のリスケ要請をしなければならないことになります。
再度のリスケ要請に対してはさすがに銀行も簡単には応じてくれません。

今後の見込み通りに行かず、さらに資金が不足しても追加の融資や再度のリスケが受けられないことがあることを前提にして、返済に回せる金額はある程度余裕をもった水準で行うべきなのです。

例えば毎月50万円は返済に回そうとすれば可能だとします。
その場合、リスケ要請においてリスケ後の返済金額を50万円とはしない方がよいのです。
ある程度余裕をもって、たとえば半分の25万円でリスケ後の返済金額とするよう銀行に要請してみてください。
ある程度余裕を持たせないという要望を伝えれば、銀行も理解してくれると思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。