銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き 借入がある取引銀行すべてに平等の条件でリスケの要請を行う


ホーム返済条件変更(リスケ)の手引き>銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き 借入がある取引銀行すべてに平等の条件でリスケの要請を行う

リスケの要請においては借入がある取引銀行すべてに対して平等の条件を提示することが大切です。
取引銀行のうち特定の銀行だけにリスケの要請を行うことは不可です。
また複数口の銀行融資を受けている場合、1口だけリスケを行い、あとの借入は今までどおり返済するというのも不可です。
例えばプロパー融資が1口、信用保証協会保証付融資が1口、合計で2口の融資を受けている場合、プロパー融資だけ、あるいは信用保証協会保証付融資だけリスケを要請することはできません。

リスケは銀行側にとっては一種の痛みです。
その痛みを特定の銀行だけに負わせるのは不平等です。
痛みは取引銀行すべてに平等に負ってもらう必要があるのです。
さらに信用保証協会保証付融資を受けている場合、リスケの痛みは信用保証協会にも及びます。
この場合、銀行と信用保証協会の間においても痛みを平等に受けてもらわないといけないのです。

特定の銀行の特定の融資の返済負担が大きく、この借入口だけリスケをすれば資金繰りは楽になる場合もあると思います。
しかしこの場合、特定の銀行の特定の融資だけにリスケ要請を行うことは出来ません。
あくまでも取引銀行すべて、借入口数すべてに対して平等の条件でリスケ要請を行う必要があります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト