赤字決算を何回すると銀行は融資を渋りますか?

ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字決算を何回すると銀行は融資を渋りますか?

赤字決算先に対する明確なルールは存在しない

赤字決算に対して、銀行内部での明確な対応ルールのようなものはありません。
一言で赤字決算といっても原因は様々です。
たまたまの要因による赤字決算もあれば、構造的な問題による赤字決算の場合もあります。

たまたまの要因による赤字決算であれば、翌期は黒字回復が期待出来ますから銀行も比較的融資に応じやすいということになります。
一方で構造的な問題による赤字決算の場合には、この先も赤字決算が懸念される状態だと言えますから、銀行は融資に応じにくくなります。

銀行融資の分岐点

担保があるかどうかなどの問題も絡みますが、赤字決算でも銀行が応じる分岐点というのは赤字の要因と今後の見込みだと言えます。
赤字の要因が明確であり、その要因が克服可能で対策がしっかりとなされれば、黒字回復が期待出来ますから銀行が融資に応じる可能性が高いと言えます。
一方で赤字の要因は判明しているものの、対策が難しい問題もあります。
そのような場合には赤字体質からなかなか抜け出せないことが考えられますから、どうしても銀行融資は受けにくくなります。

したがって赤字決算となってしまった場合には、その要因を明確にして今後の対策を銀行にしっかりと説明することが銀行融資が受けやすくなる近道だと言えます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。