取引振りの良し悪しは銀行融資の審査方針に影響します

ホーム銀行とのつきあい方>取引振りの良し悪しは銀行融資の審査方針に影響します

取引振りと銀行融資審査取引振りというのは、既存の融資の返済状況や売上金の入金や支払の振込などに預金口座が使われているかどうかを主に意味しています。

延滞有無の確認
銀行融資の審査においては決算分析に代表される財務状況の審査が主になりますが、それだけではありません。
現状の融資先との取引振り状況も審査に加味しています。
融資先に対してすでに既存の融資がある場合には、その融資の返済状況を確認します。
返済日にきちんと返済されているかどうか、延滞が発生したことがないかどうかという点です。
銀行としては融資の返済が約定日にきちんと行われるのが「当たり前」というスタンスを持っています。
融資の契約通りに返済するということは、これは銀行と融資先との約束事ですから、この約束事がきちんと守られているかどうかは必ず確認をしています。
約束を守る取引先がどうかということです。
時々ですが、資金繰りに問題はないものの、ついうっかり入金をし忘れていたということがあると思います。
1回程度であれば問題にはしないのですが、数か月に1回程度など、何度も「入金し忘れによる延滞」がある場合には、例えば財務内容が良好で資金繰りに懸念がない融資先であっても、「管理面がずさん」とのマイナスイメージを銀行は抱きます。
融資の契約通りにきちんと返済する、約束を守る先なのかどうかという点に疑いを銀行は持つわけです。

なお「入金し忘れ」による延滞ではなく、資金繰り上の問題で本源的な延滞が発生している場合には、それが過去のものであっても銀行は問題視します。
原則として追加融資には否決の対応を取ります。

預金口座利用状況の確認
預金口座の利用状況は「融資が返済出来るかどうか」という融資審査の核心的な要素ではありませんが、融資先の足元の業績動向をリアルに把握出来るという点で融資審査時には必ず確認をしています。
また融資取引のみならず、売上の入金や支払に預金口座を使っていただくと銀行はうれしいものなのです。
「財務内容に少し懸念はあるが、預金口座をきちんと使っていただいているので融資には応じよう」という判断をすることは決して珍しいことではないのです。

逆に融資取引があるものの、預金口座がまったく使用されていない、つまり融資の返済だけに預金口座が利用されているような融資先には、やはり「やる気」をなくしてしまいます。
これが銀行員の正直な気持ちです。
時折、融資取引のない銀行に「わざと」売上の入金や支払の利用を集中している融資先がありますが、このような取引対応は損だと思います。
そのような融資先には突っ込んだ取引や勧誘は行いません。
深い取引が出来ない先と銀行は考えるからです。
融資取引のある銀行には面倒でも売上の入金や支払の取引を意識して利用することも銀行とのうまいつきあい方の1つだと考えます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。