当初予定していた設備の一部が不要となりました

投稿日:

ホーム設備資金に関すること>当初予定していた設備の一部が不要となりました

質問
美容室を経営しています。
店内の設備で必要なものが発生し、見積もりを取って取引のある銀行に融資の相談を行いました。
銀行の担当者からは設備資金として信用保証協会に保証の申し込みを行うことを案内され、先日申込手続きを済ませました。

その後、銀行の担当者から連絡があり信用保証協会の保証が決定となり、融資の契約をしたいので、都合の良い日を連絡してほしいとのことです。
その際、担当者から融資実行後に設備購入の領収書の提出が必要なことを言われています。
そこで相談なのですが、当初予定していた設備のうち、いくつかが不要になりました。
したがって購入する設備を減らしたいのですが、このような場合、融資はそのまま受けておいて、購入する設備を減らしても構わないものでしょうか?
それとも融資が決定している以上は当初通りの設備は購入しないといけないものでしょうか?

回答
銀行や信用保証協会は特に設備資金の場合に、その資金使途を厳格に管理しています。
領収書の提出をお願いするのも、その管理の一環です。
融資が実行される前に当初予定していた設備の一部が不要となったのであれば、それを銀行担当者に伝えてください。

もっとも悪い対応はそのまま融資を受けて、融資の一部を設備の購入に充てないパターンです。
これは資金使途違反となります。
全額の繰上返済を求められるかどうかはケースによって異なってきますが、少なくともその融資が完済とならない限りは、信用保証協会の新規の保証は受けられません。
中小企業や個人事業主向けの銀行融資の多くは信用保証協会の保証付融資ですから、保証が受けられないということは、銀行融資が受けられないことに直結します。
慎重な対応が必要なケースです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-設備資金に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.