銀行間の情報共有に関する素朴な疑問


2013年01月08日

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>銀行間の情報共有に関する素朴な疑問

質問
私は以前、会社の経理部、財務部で仕事をさせていただいておりました。
当然、私がお世話になっていた会社もいくつかの銀行さんと取引をさせていただいておりました。
複数の銀行と取引をしている場合、銀行さんでは法人は個人信用情報機関というものがないため、同時に審査等の申し込みをしても金融機関がそれを知る可能性は低い(信用保証協会に同時に申し込みをする場合を除く)とおっしゃっておりましたが、法人の場合、信用情報を知るには帝国データバンク等に登録している法人でもない限り銀行がその会社が他の金融機関と取引実績があるということを知ることはできない、という認識でよろしいでしょうか?

それに関連しまして、他に借入先があるのにそれを決算書等では隠して融資を受けても必ず金融機関には分かるともおっしゃっておりましたが、この場合には金融機関はどのような方法でその事実を知ることができるのでしょうか?
法人がとある金融機関から融資を受けている事実と言うのは、他の金融機関も容易に知ることができますか?
素朴な疑問なのですが、ご教示いただけると幸いでございます。

回答
法人において他の金融機関と取引があるかどうかは、ご指摘のとおり個人のように信用情報機関というものがありませんので、わかりません。
ただし、複数の金融機関と取引があるのが一般的ですし、「この会社も他の金融機関と取引があるだろう」という先入観を個々の銀行員は持っています。
また他の金融機関との取引有無は基本的に関係ないことです。

決算書に他の借入先の記載がない場合には、基本的に銀行が他の借り入れが実際にあることを把握することは出来ません。
信用保証協会からの情報など何らかの機会で知ることが出来る程度ではないでしょうか?

もっともこれは決算書の粉飾です。
このようなことが判明した場合には、相手を信頼することは出来ませんので、銀行としては取引解消だけを考えた対応となります。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%