銀行融資の基本 融資審査マンの見方 銀行の本音

融資審査で取引振の重要性がますます高まっています

銀行での融資審査は融資先の返済能力の審査が中心です。
しかし最近ではどれだけ返済能力が認められるとしても取引振が脆弱なために事実上融資を断るような判断が増えています。
取引振とは何かについてわかりやすく説明をします。

銀行における融資業務の位置づけ

銀行などの金融機関は融資により取引先の資金繰りを支援して、直接的あるいか間接的に取引先の事業の発展を進めていくという社会的な役割があります。
このような観点から融資業務は銀行にとってもっとも重要な業務の1つとなっています。

銀行は営利企業

取引先の資金繰りを支えて事業を応援するという重要な社会的役割を担っている銀行ですが、一方で銀行は営利企業でもあります。
銀行自身の事業の存続を維持していくために一定の収益を獲得しなければなりません。
そのために融資業務は銀行にとって収益源の1つでもあることも事実です。
また融資業務を梃子にして取引先との取引の拡大を図り、さらに大きな収益を上げることも狙いとしています。
取引先との取引採算は銀行にとって重要な指標にもなっています。

銀行も営利企業であり取引先との採算状況を重視

融資審査の基本

融資審査の基本は「貸した金が返ってくるかどうか」です。
万が一、貸した金が返ってこなければそれは銀行にとって大きな損失となります。
その損失の規模は実に大きいものであり、それまでにその取引先から得た利息収入などは一挙に吹き飛んでしまい損失だけが残るということが大半です。
そのため銀行は何とかして「貸した金が返ってこない」、つまり貸倒だけはどうしても避けたいところです。
したがって銀行での融資審査の基本でありかつ中心である事柄は取引先の返済能力の審査です。
取引先がきちんと返済ができるだろうと考えられて初めて銀行は融資を実行します。

銀行の融資審査の基本は取引先の返済能力の見極め

取引振の重要性

しかし銀行の融資の審査において最近痛感しているのが取引振の重要性です。

取引振とは

取引振とは融資取引以外の銀行取引、つまり預金取引、支払取引(振込など)、外為取引、社長個人の取引などです。
銀行融資の審査の基本はさきほど説明をしましたように取引先の返済能力ですが、最近はそれだけでは融資判断を行わないようになっています。
この取引振の充実度が審査には実に大きく影響を及ぼします。
財務内容が良好、つまり信用力が高い先には銀行は積極的に融資をしたいと考えます。
しかし融資取引のみで預金口座はこの融資の返済のみに使われている状態では銀行としては商売上、おもしろくありません。
一方で財務内容に多少問題があっても、売上の入金口座として利用してもらっている、総合振込も利用してもらっているなど取引振がついている先には可能な限り融資対応しようと考える傾向が鮮明になっています。

取引振とは預金取引、支払取引(振込)、融資取引、外為取引、個人取引など取引先との総合的な取引状況のこと

取引振が融資方針に与える具体例

ここで取引振が銀行の融資方針にどのような影響を与えているのかを実際の具体例で説明をします。

財務内容は良好だが取引振がない場合

例えば財務内容が良好なケースを考えます。
この状態において取引振が充実している融資先には今後も積極的に取引を推進する方針を取ります。
一方で取引振が充実していない融資先には今後の取引を見極め、取引振がついてこない場合には取引解消も止む無しとの方針を取ります。
融資を直接的に断るといったような対応は取らないものの、融資取引だけで十分な取引採算が確保できるよう相対的に高い金利提示を行うこととなります。
仮に他の銀行から低い金利の融資提案があった場合には、その他の銀行で融資を利用してもらって構わないという方針です。
高い融資金利を提示して事実上、融資をお断りしているとも考えられます。

財務内容が良好で返済能力が認められる場合でも取引振が脆弱であれば銀行は融資に消極的となる

財務内容に多少問題はあるが取引振が充実している場合

今度は財務内容に多少問題があるケースを考えます。
この状態では基本的に融資には慎重姿勢を銀行は取るのですが、取引振がついている先には融資の依頼があった場合には、何とか応えられないか対応を検討します。
取引振が充実しているということは取引先からの期待度が高いと考えることができますし、銀行の取引振の充実により利益を獲得させてもらっているわけですから、多少の財務面の問題には目をつぶって何とか取引先を支援できないかと考えるのです。
このように取引振は銀行の融資判断に大きな影響を持つようになっています。

返済能力に多少懸念があっても取引振が充実していれば、何とか融資ができないかと銀行は考えるもの

取引振についてのまとめ

以上、取引振についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・取引振とは融資取引だけではなく、預金取引、支払取引、外為、個人取引など総合的な銀行との取引状況
・取引振の充実は銀行の取引採算確保の点から重要
・どれだけ財務内容が良好であっても取引振が脆弱であると銀行は融資を避けるような動きを取る
・逆に多少財務内容に問題があっても取引振が充実していれば、銀行は何とか融資できないか考える

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方, 銀行の本音
-