銀行融資の基本

融資シェアに応じた取引振

ホーム銀行とのつきあい方>融資シェアに応じた取引振

銀行というところは融資シェアに応じた取引振がきちんと確保されているかどうかを非常に気にするところがあります。
つまり融資シェアに応じた預金取引や振込取引などがきちんと自行に持ち込まれているかどうかを気にしているのです。
これはたかが取引振と簡単に片付けることは出来ません。
実は融資可否の判断にも影響をもたらしています。

例えば取引先から無担保での融資申し込みがあったとします。
その際、きちんと融資シェアに応じた預金取引が日頃から確保されていれば融資審査は前へ進みます。
しかし融資シェアに応じた預金取引が日頃から確保されていない場合、場合によっては預金取引が十分に行われている他の銀行に融資を申し込んではどうかと回答することがあります。
つまり自行では融資が出来ないので、他の銀行に融資の相談をしてくださいということです。

したがって複数の銀行と融資取引を行なっている場合には、各銀行からの借入シェアを確認して預金や振込などの取引を分散しておくことが銀行との日頃からの賢いつきあい方ということになります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.